太陽光発電の効果が最近見直されています。

 

太陽光発電の効果は太陽の光の強さによって決まります。二酸化炭素を減らすことができることが太陽光発電の効果です。日本で主に行われている発電方法は原子力発電と火力発電です。どちらも日本の発電量のうち大きな割合を占めています。火力発電も原子力発電もそれぞれメリットとデメリットがあります。火力発電のメリットはたくさんの電力を安定して供給することができます。

 

しかしながらデメリットは二酸化炭素を大量に排出してしまうことになります。原子力発電のメリットは原子力を使うことで安く大量に電力を作り出すことです。しかしながら原子力発電は事故が起こると非常に大変なことになります。原子力発電所の近くは放射能に汚染されてしまいます。太陽光発電はそれらの発電方法に比べて発電という面において安定性にかけます。それは太陽がでていなければ発電できないからです。太陽が出ていれば発電することができるのですが、雨天などが続き太陽が現れなければ発電することはできません。最近ではソーラーパネルの機能が向上していて効率よく発電することができるようになっています。しかしながら太陽が出ていなければ発電することができません。太陽光発電はソーラーパネルを利用してはつでんします。

 

ソーラーパネルを家の屋根に設置し太陽光発電をしている家をよく見かけます。太陽光発電は二酸化炭素を排出しないので環境にやさしい発電方法です。