太陽光発電のあれこれ

| 未分類 |

今太陽光発電が注目されていますので太陽光発電の基礎知識について書きます。

 

太陽光発電は天候・季節・時間には左右されますが、経済的なメリットが大きいです。初期費用こそかかりますが、設置後の光熱費は大幅にカットされます。停電になった時に電気がつかえるメリットは大きいでしょう。太陽エネルギーなので枯渇することがなくしかもクリーン。自宅で作った電気は、もちろんいくらつかってもお金はかかりません。あまった電力は電力会社が買い取ってくれます。これを「売電」といいます。太陽光発電の基礎知識としてもっとも多く語られるのはこの売電についてではないでしょうか。

 

通常の電気料金は1kwhあたり約24円ですが、現在の電気の買い取り価格は42円です。買い取り価格は契約を始めた時の価格で十年間固定されます。太陽光発電は国や自治体が補助金制度を設けております。補助金交付額の上限は、補助対象経費が47.5万円/kwの場合は349,650円、補助対象経費が47.5万円を超え55万円までの場合は299,700円になります。

 

そこでうちも太陽光発電を導入しようと考えている家庭も多いでしょう。しかしちょっと待ってください。太陽光発電システムは施工販売会社によって費用がかなり異なります。正しい知識・豊富な実績を持った会社に任せたいものです。太陽光発電システムを導入する際には複数の業者を比較検討しましょう。できれば3~4社以上の見積もりを比較しじっくり検討することをお勧めします。太陽光発電の基礎知識でした。