ソーラー発電の魅力

| 未分類 |

ソーラー発電のメリットとして魅力を感じることがいくつかあります。

 

まずソーラー発電とは、太陽光を設置したソーラーパネルを通して電気を作るシステムで、現在では新しい家屋だけではなく、リフォームとしても人気があります。ソーラー発電では発電時に二酸化炭素を排出することがないために、地球環境にとって有効なエネルギー源となっています。設置した場合に有効なソーラー発電のメリットでは、日中に多くの発電量が期待できるので、電力会社から購入する電気量が減少することが挙げられます。一般的な家庭で殆どの場合で、日中に使用する電力をソーラー発電によってカバーすることができ、高い節電効果を得ることができます。また蓄電池を設置することによって、停電時に備えて電気を蓄電することができ、現在の最新技術を持つメーカー製品では、手作業での切り替えをすることなく、停電時には自動的に蓄電池からの送電に切り替えることができます。

 

また、ソーラー発電のメリットとして、一番大きなものでは、ソーラーパネルからの発電によって、家庭内で電気を使用し、さらに余った電気に関しては、電力会社に売電することができることです。家庭によって差はありますが、多い家庭ならば月に1万円を超える売電量も珍しいことではありません。設置には初期投資が必要になりますが、売電できるシステムがあるために、費用の返済にあてることができ、平均では12年程度で元が取れる傾向にあるという統計があります。

 

また、ソーラー発電を設置することによって、家庭内での節電意識が高まる傾向にあることもメリットの一つです。