太陽光発電の良い点

| 未分類 |

今現在の太陽光発電のメリットはやはり売電ができると言うことに尽きるでしょう。

 

特に固定買取制度が始まってからは太陽光発電のメリットは大きいというべきでしょう。売電については個人宅の場合と産業用とは違いがあります。より太陽光発電のメリットが大きいのは産業用になります。その線引きは10KW/Hでされます。10KW/H以下の太陽光発電の場合は今時点で使用した電力の余ったいわゆる余剰電力をキロワット当たり42円で売電することが可能になっています。今年度中にスタートすれば10年間は42円の買い取りは保障されます。それに比べて10KW/H以上の出力の太陽光発電の場合は太陽光発電で発電したすべての電力を売電できます。これも同じくキロワット当たり42円でありますが、これは婚燃途中のスタートすれば20年間は42円で売電することが可能なのです。

 

太陽光発電のメリットと考えると10KW/H以上の出力の太陽光発電の方がはるかにメリット多いことが分かるでしょう。第一に売電価格の保証の期間が20年もあることと、発電した分をすべて42円で売ることができ、その設備などで使用する電力は通常の電力会社のから供給される42円よりはるかに安い電力を買うことができると言うのですから。特に産業用の電気料金の契約は家庭用の電力よりもはるかに安い価格で供給されているのですから。

 

しかし、太陽光発電の場合は初期投資が大きくなることでありますから、原価計算をしっかりとしなくては話になりません。